スポンサーサイト

2014.12.23 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    のんびりアフタヌーンティーを楽しむ

    2008.08.15 Friday

    0
      日本はお盆の最中ですね。
      今週はTVで北京五輪を観ながら、ご自宅でゆっくりされている方も多いのでは?

      こちらでは、当然のことながらアメリカ選手の活躍ばっかり取り上げているので、日本人選手の動向にはほとんど触れらることはありません(体操の男子団体なんて、中継しているのに日本人選手の演技はやってくれないの!)。
      ただし、さすがに水泳大国だけあって、競泳は全レースを中継していたため(多分)、北島選手をはじめ、他の日本人選手も度々紹介されていました。
      しかし、マイナーな飛び込みをゴールデンタイムで延々やっているあたり、NBCどうなの?という感じがしますが、アメリカのTV局の方針はイマイチよくわかりません…。

      閑話休題。
      え〜、本当にまったく脈絡がないのですが、アメリカにいるとなかなか美味しい紅茶を飲む機会がありません。
      ある程度のホテルでも、平気でティーバッグを使うし、コーヒーに比べると、紅茶を愛飲する人自体も少ない気がします。

      のんびりアフタヌーンティー

      そこで今回ご紹介するのは、San Juan Capistranoのアフタヌーンティーを楽しめるお店。
      THE TEA HOUSE ON LOS RIOSというコテージのようなティーハウスで、と〜っても乙女チックな雰囲気です(笑)

      お気に入りのお店


      ちょっと暗いけれど、店内はこんな感じ。
      さすがにこういう雰囲気なので、お客さんは中年以降の女性たちばかりですが(笑)、これがね、なかなか使えるお店なのですよ!

      乙女チック〜

      メニューは色々ありますが、やっぱりアフタヌーンティーといったら、紅茶とスコーンとフィンガーサンドでしょ。
      紅茶は、「ミニやかん」と言ってもいいくらいの巨大なポットに入れて持ってきてくれるので、ガブ飲みしても全然なくなりません。
      この日は3人分だったので、ものすごい量で飲みきれませんでした(笑)

      それに、このポットカバーがキュートでしょ?
      紅茶を入れる時にいちいちカバーを外さなくていいから便利です。

      ポットがでかい!

      こちらのスコーンも巨大!
      で、すごーく美味しかった!
      日本のものより、もっとしっとりした感じがします。

      スコーンもでかい!


      フィンガーサンドウィッチは量が多くなくてちょうどいい感じ。
      フルーツにかけるブラウンシュガーが、なんだかとっても美味しかった〜。
      ちなみに、このバラはお店で栽培しているもので、食べられます。

      フィンガーサンドもついてます

      ここなら紅茶がたっぷりあるし(これ大事!)、のんびりした雰囲気で長居ができるのがいいんですよ〜。
      女性の長話は尽きることがないのです、フフフ。

      【一日一善!毎日クリックしてね〜】
      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

      美味しいホットドッグの店

      2008.05.13 Tuesday

      0
        アメリカンフードで美味しいと思う食べ物といったら、やっぱりハンバーガーとホットドッグでしょうかね〜?
        私はどちらかと言えば、ホットドッグのほうが好き。
        以前紹介したシカゴスタイルのホットドッグも美味しいのですが、Jさんのお気に入りのHaute LinksはわざわざNYからソーセージを仕入れている、NYスタイルホットドッグのお店。

        ホットドッグ屋さん

        いわゆるローカルのお店なので、超有名店ってほどではないんですが、これが素朴で美味しいんですよ〜。
        自分で好みのスタイルのソーセージとサイドを選ぶことができます。

        選ぶ

        この日Jさんはピリッと辛いケジャンソーセージにオニオンリング。
        トッピングのトマト、オニオン、ペッパーなどはお好みでどうぞ。

        Jさんはこれ

        私はいつものNYスタイルにチリ。
        スタンダードなものが一番落ち着くんだよ〜(笑)
        そうそう、マスタードの種類もいくつかありますよ。

        私はこれ

        これくらいだと、ペロリと食べられちゃうからコワイ…。
        でも、イイワケするようですが、日本人でも食べられるあっさりソーセージなので、こちらに遊びに来たらぜひ試してほしい一品でーす。

        【一日一善!毎日クリックしてね〜】


        にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

        メゾンアキラのバレンタインディナー

        2008.02.16 Saturday

        0
          アメリカ時間の昨日はバレンタインデー。
          こちらでは、クリスマスに次いでプレゼントが必要なビッグイベントなので、男性陣は誰も彼もがお花を抱えてサッサと帰らないと、コワイ奥さんにドヤされる日なのです(笑)

          お恥ずかしい話ですが、我が家はそれに加えて、この日は結婚記念日でもありまして…。
          2月はJさんの誕生日に始まり、バレンタイン&結婚記念日、そして翌週は私の誕生日もあるという、非常に忙しい月なのでございます(実はさらにJさんの両親が2人とも2月生まれ)。

          2人の誕生日の中間だし、バレンタインデーと同じなら結婚記念日を忘れなくていいやね、なんて思って決めたものの、アメリカではこの日はどこのレストランも予約でいっぱいになってしまい、食いっぱぐれる可能性が高い!
          Jさんは昨年もギリギリなってから予約をし、どこからも一杯ですと断られたはずなのに、今年も同じ過ちを繰り返すなんて、どうして学習能力がなんだろ〜。

          それでもなんとか1週間前にキャンセルが入ったと連絡があったのが、Maison Akiraというレストラン。

          メゾンアキラ

          ここはパサディナにある日本人オーナーシェフ広瀬陽(あきら)氏のお店で、LAエリアではかなり有名なジャパニーズフレンチです。
          以前から気になっていたものの、食事に行くには遠いなあという距離なので、なかなか行けなかったお店だけに楽しみ。

          レストランの予約は19:45からですが、帰宅渋滞を気にして18時ごろに家を出発。
          案の定というか、それ以上というか、特にLAに入ってからの渋滞がひどく、通常1時間15分あれば着く道のりが、結局1時間45分もかかってしまった!
          おかげでお腹はペコペコです。

          エントランス

          席に通されると、この日の特別メニューがテーブルにセットしてある。

          本日の特別メニュー

          Jさんによれば、電話で予約担当の女性と話した時に「バレンタインメニューでいいか?」と確認されたので、「他にもあるの?」と聞いたら「通常メニューもある」という話だったそう。
          そこでウェイターの男性に通常メニューを見せてと頼むと、今日はこのメニューだけとのこと。
          我々が怪訝な顔をすると、ウェイターがその女性と交替し(逃げるなよって感じですが)、Jさんが彼女に「こういう話だったよね」と聞くと、「いやいや、私はそんなことは言ってない」と来た。
          「アメリカ人め!また始まったか!」という感じですが、こんなところで一悶着起こしても意味がないし、このメニューでも別段構わないと思っていたから、もういいやとすぐに押し問答は終わりにしました。
          何事もハプニング無しにはいかないアメリカ…。

          気を取り直して、この日のメニュー。
          プリフィクスなので、前菜とメインを選び、ワインと自家製パンをいただきます。
          お腹が空いていたので、パンをバクバク食べていたら、アミューズの、卵のキャビア乗せが運ばれてきました。

          アミューズ

          キャビアって特別美味しいとは思わないけれど、ちょっとだけだとなんだか美味しい気がする(笑)
          卵は、洋風茶碗蒸しのように蒸してありました。

          お次はアペタイザー。
          Jさんはホタテをソテーしたもの、私は冷製のロブスターをいただきました。
          ロブスターも美味しかったけれど、ホタテのほうが私好みだったかな。

          アペタイザー

          本来はこの次にはお豆のスープがあったんですが、なにせ暗い室内で、他人に見られぬようコッソリ写真を撮っていたのでブレブレでした…。
          ちなみに、店内の雰囲気はこんな感じ。
          思った以上に客席が多かったんですが、この後すぐに店内は満席になりました。

          店内の様子

          そしてメインは、Jさんはフォアグラの乗ったアンガスビーフのステーキで、私は味噌漬けのスズキを選択。
          画像のラビオリの中には、ロブスターがみっちり!

          メイン

          これが思った以上に味が濃厚で量も多く、ジャパニーズフレンチと言っても、やっぱりアメリカ人ウケするようにしているんですね。
          もちろん美味しいんだけれど、Jさんも私も全部食べきれずに残したくらいですもん。

          デザートは、事前にJさんがお願いしていたアニバーサリー仕様に。
          でも、中身は周りのお客さんのプレートと同じで、周りにHappy Anniversaryと書いてあるだけだったので、Jさんは「コレだけ???」なんて言ってました(苦笑)

          デザート

          この中では、ラベンダーの香りのクレームブリュレがお気に入り。
          コーヒーと一緒にプチフールも出ます。

          プチフール

          このコースで一人135ドル(飲み物、Tax、チップは別)だから、コストパフォーマスは悪くないんじゃないかな?
          ただ、ちょっと気になったのは、日本人オーナーのお店にしてはサービスがイマイチかなあというところ。
          スタッフに日本人がほとんどいないせいか、無難にこなしているんだけれど、笑顔が少ないとか、慇懃無礼な感じもあって、全体的にサービス精神というものがあまり感じられないのね。
          レセプションの女性なんてこの日は3人(白人系2人、アジア系1人)もいたのだけれど、皆でおしゃべりしているし、格好もラフで全然プロフェッショナルな感じがしなかったのが残念。
          味はともかく、働いている人たちのレベルアップが必要じゃない?というのが、正直な感想です。
          日本人相手だとサービスにうるさくなる私(笑)

          今回はバレンタインデーというイベント日だったので、通常メニューも一度トライしてみたい気もしますね。

          【一日一善!毎日クリックしてね〜】


          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

          メキシカンならココ!

          2008.01.27 Sunday

          0
            南カリフォルニアには様々な人種が集まっているため、気軽に各国の料理を食べることができます。
            でも、その中で一番ポピュラーなのは、やっぱりメキシカンでしょうかね〜。
            といっても、当然メキシコで食べる本来のメキシカンとは違って、アメリカ人好みの味に変わったメキシカンなんですけれどね。

            もともとメキシカンはカジュアルな食べ物だけに、Del Tacoなどのファーストフードはもちろん、どこに行ってもお店があります。
            メキシカンと言えば、私は留学先のテキサスで食べていたTex Mex(テキサスで変化したメキシカン)が一番美味しいと思っているんですが、OCにも美味しいお店があるんです。
            Jさんのイチオシのお店、Taco Mesaがそれ。

            Taco Mesa

            ご覧のようにお店はシャビーな感じ(笑)
            一瞬入るのをためらうような店構えなんですが、実際店内もそんな感じなのです。
            店内というより、ほぼ屋外にしかテーブルがないようなところだし、お客さんも腕にスカルのタトゥ〜をしている人や、露出度が高くてメイクの濃いお姉さんやらがウロウロしていて、初めて行った時にはホントにここが美味しいの?という疑問を抱きました。

            シャビ〜

            しかし!実際に食べてみるとこれがなかなかイケるのですよ。
            味にインパクトがあるというか、普通のメキシカンよりピリッとしているというのかな?(辛さのことではなくて)

            これは、とある日に食べたランチ。
            私はいつもShrimp Taco(右側)のコンボを頼むのですが(味の冒険はしないタイプ)、Jさんはこの日はEnchiladasにしていました。
            これにチップスを頼むので、お腹いっぱいになります。

            この日のランチ

            Tacoのトルティーアの1枚には、こんな感じでカラーがついています。イカスミ?

            イカスミかな?

            我々がいつも行くのはCosta Mesaの本店なのですが、自宅近くのMission Viejoにも支店があるので、客層が違うことを期待して、今度はそちらにも行ってみるつもり。

            南カリフォルニアでは、メキシカンの食べ比べをして、自分の好みのお店を見つけるのが楽しいですね。
            あ、体重増加は間違いなし!ですけれど…。

            【一日一善!毎日クリックしてね〜】


            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

            イタリアンAntonello

            2007.12.28 Friday

            0
              いよいよ今年もあと数日で終わりですね。
              毎年こうやって「もう年末?信じられな〜い!」というのも進歩がないのですが、時が経つのが妙に早い。
              やはり年でしょうか…。

              さて、年越ししないうちにクリスマスの話(遅)
              今年アメリカは、通常の会社だと土日を含めて4連休でした。
              クリスマス直前の週末は、どこのモールもlast minuteな買い物客でごった返して、駐車場もいっぱいになるほど。
              アメリカの駐車場がいっぱいになるってスゴイよね(笑)

              24日はお店やレストランは通常営業しているのですが、25日になるとどこも閉まってしまうので、我々も24日にディナーに出かけることにしました。
              といっても、特に食べたいものもないし、ローストチキンもちょっとなあと悩んでいたら、Jさんが美味しいパスタを食べたいと言い出したので、結局無難なイタリアンに。

              実はJさん、ナパ・ソノマの旅ですっかりカリフォルニア・キュイジーンにやられちゃいまして、普通のパスタが食べたい!とずっと言っていたんですよね(家でもしょっちゅう食べているクセに)。
              確かに私もパシフィックリムやカリフォルニア・キュイジーンって、そんなに美味しいと思わないし、特にワインカントリーで食べたイタリアンが創作過ぎて、何を食べても味が全然わからなかったのにはびっくりしちゃいました。

              今回はその挽回をということで、OCで最も有名なイタリアンのひとつ、Antonelloを選択してみました。

              Antonelloエントランス


              Jさんは体験済みですが、私は初めて。
              いわゆる名の知られたレストランなのですが、それでも食べてみるまで本当に美味しいかどうか、と思っていたら、案外美味しいじゃない!(笑)

              Antonello

              これはAntipastiのカラマリと、マッシュルームたちのソテー。

              カラマリとキノコのソテー

              意外と味が濃くなくて、あっさりしているのがいい。
              アメリカ人は濃厚な味が好きなので、どこのお店も味付けは濃い目なのです。

              我々はメインをパスタにし、私は大好きなペスカトーレ、Jさんはポルチーニのパスタをオーダー。

              ペスカトーレ

              当たり前だけれどちゃんとアルデンテだし(アメリカのはいつも茹で過ぎ!)、味付けもやはりあっさりめで、魚介も大きくてグー!
              しかし、お値段はあっさりしていません(笑)
              ペスカトーレで30ドルちょっとですからね〜。
              その価値があるかと言われると、日本ならもう少しリーズナブルに美味しいパスタが味わえるかな、というところでしょうか。

              サービスは悪くはないけれど、特別感じがいいとも思えなかったので、トータルでは70点くらいかなあ。
              我々の近くのテーブルに、ユダヤ人らしきお婆ちゃんと娘と思しき女性が座っていて、魚料理をオーダーしたらしいんですが、「味がない!」と言って二人とも突き返していました。
              う〜ん、どちらが正しいのかは定かではありませんが、そんなこともあるらしい。
              でも、飲食店で文句を言うとその後が怖いから、言い方には気をつけたほうがいいのにと、ちょっとヒヤヒヤしました。

              食後に、自宅近くのLaguna Hillsにあるお金持ち地区(ホイットニー・ヒューストンもお家を持っているというウワサ)に立ち寄り、クリスマスイルミネーションを堪能。

              可愛いデコレーション

              ここのエリアは、イルミネーションの規模とお金のかけ方が違うので、我々のような野次馬がたくさん来ていました(笑)

              たくさん写真を撮った割にうまく写っていなかったのが残念なんですが、まさにアメリカの豪邸!というお家がいっぱいあり、Wal-Martなんかで買ったライトじゃないよねというイルミネーションが、ゴージャスな光を放っておりました。

              そんなのを見ていると、気分はマッチ売りの少女です…。
              あの暖かそうなお宅には、どんな方がお住いなのかしら?なんてね。

              ピカピカ!

              クリスマスイルミネーションを見ながら、今年も何もせずに終わっていくのね、と反省してみるも、来年の目標は来年考えることにします!

              さて、来年はどんな年になるのでしょう?
              私は明日から極寒の地、シカゴへ行ってまいります。
              皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
              来年もOC通信をよろしくお願いします!

              【一日一善!毎日クリックしてね〜】


              にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

              美味しいシカゴホットドッグが食べたくなったら

              2007.09.28 Friday

              0
                秋といえばやっぱり「食欲の秋」。
                先日、シカゴ出身のJさんが、突然シカゴホットドッグが食べたい!と言い出しました。
                アメリカではその地域によって、ホットドッグのソーセージを焼くか、茹でるかが違っていたり、中身の具がちょっとずつ異なります。
                例えばChicago-style hot dogと言われるものは、ビーフ100%のソーセージを茹でて使い、でっかいピクルスをはじめ具だくさん。
                それに、マスタードはいいけれど、ケチャップをつけるのは邪道らしい(笑)
                単純に見えるホットドッグも、案外奥深い?のです。

                で、この辺りで美味しいシカゴホットドッグが食べられる店というのは、アナハイム近くにあるPORTILLO'Sというところ。

                Portillo's

                今ではイリノイ州を中心に展開しているチェーン店ですが、もともとは1963年にトレーラーから出発したという割と歴史のあるホットドッグ屋さんです。

                ホットドッグ屋さんというには店内は広く、いつも混雑しています。

                店内

                ここへ来たら、定番のホットドッグを全部入りで食べるのがオススメ。
                画像では見にくいんですが、かなりの具が入っているのでちょっと食べにくいんですけど、割とさっぱりしているので、日本人でも抵抗ないんじゃないかな。

                定番ドッグ

                チリドッグもありますが、こちらは濃厚な味が好きな人にオススメ。

                チリドッグ

                ここはシェークも美味しいので、一緒に頼むと2倍楽しめます(笑)

                しかし、ここまで紹介しておいてなんですが、アメリカの食ってのは「季節感」がないですねえ。
                ま、南カリフォルニア自体、季節感がないんですけどね(笑)

                【一日一善!毎日クリックしてね〜】


                にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

                フレンチディップ!

                2007.05.20 Sunday

                0
                  最近アップデートをさぼっていたので、日本に行く前に慌てて更新します(笑)

                  近くに用事があったので、久々にLAの代表的観光地、ハリウッドのど真ん中にあるHollywood & Highlandに、ランチがてらに行ってみました。

                  Hollywood & Highland

                  いわゆるショッピングモールのようなところですが、アカデミー賞授賞式の会場であるコダック・シアターがあることで有名です。
                  お天気の日はHollywoodのサインを望むことができるのですが、この日は若干曇っていたのでこんな感じです。わかるかな?

                  Hollywoodサインが見えるかな?

                  ランチはフレンチディップのお店The Dipで。

                  The Dip

                  ここのローストビーフは柔らかくて美味しいの!
                  フレンチディップは、その名のとおりディッピングソースにディップしていただきます。
                  ひとつが巨大なので、オーダーの時に半分にカットしてもらってシェアするのがいいですよ。
                  それでも十分おなか一杯になります(笑)

                  柔らか〜

                  Hollywood & HighlandからHollywood Blvd.側に出ると、そこはWalk of Fame
                  毎年増え続けていますが、約2500人の名前がはめ込まれているそう。

                  ウォーク・オブ・フェイム

                  選考の基準がよく分かりませんが、この人もすっかり芸能人ですもんね。

                  TVに出すぎ!

                  すぐそばに、これまた有名なチャイニーズシアターがありますが、この辺りは観光客と写真撮影してお金を取る、「そっくりさん」とは言い難いそっくりさんたちがウロウロしています。
                  観光客にちょっかいを出す人もいるようなので、鬱陶しいのがイヤな人は、極力目を合わせないようにしてズンズン歩きましょう!

                  チャイニーズシアター

                  チャイニーズシアターはGrauman's Chinese Theaterというのが正式名称の映画館ですが、歴代のスターたちのサインと手足型があるのが有名ですね。
                  ちなみに、これは私の大好きなジュリー・アンドリュース。

                  スターの証

                  というわけで、ちょこっと行っただけでも、十分観光気分に浸れるのがハリウッド。
                  皆さんがいらした際は、自慢のカーナビでお連れしますよ〜(笑)

                  さて、ついに明日は日本へ向けて出発!
                  しばらく更新できないかもしれませんが、落ち着いたらちょこちょこ滞在記録をアップしますので、ぜひチェックしてみてくださいね〜。

                  【一日一善!毎日クリックしてね〜】


                  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

                  大人気のBBQハウス

                  2007.04.05 Thursday

                  0
                    和食が大好きなJさんですが、たまにBBQが食べたい!と言い出します。
                    自宅のベランダで簡易BBQをすることもありますが、ちょっと飽きてきたので、Lucille's Smokehouse BBQに行ってきました。
                    ここはロングビーチから始まったお店で、大人気のためにいつも混雑。
                    この日も夕方18時過ぎに到着したら、すでに人であふれかえっていました。

                    Lucilles

                    席に着くまでに30分ほど待ち、外の席に案内されましたが、まだまだ夜は寒いために周りをシートで覆ってあったので快適。

                    外の席

                    Jさんはいつものビール、私はストロベリーレモネードをオーダー。
                    ジャムビンの形をしたコップに入ってくるのが笑える。
                    レモネードのリフィルはフリーですが、一杯でも多すぎです・・・。
                    そして、めちゃめちゃ美味しいのがビスケット!
                    フワフワ〜な食感とハニーの入ったバターがいけるので、カロリーが高いのが分かっていてもバクバク食べちゃいます。

                    うまい!

                    アペタイザーも色々ありますが、ここは量的にメインだけにしたほうが無難。
                    Jさんは珍しくチキンとポークリブのコンボで$24.50也。
                    (Jさんにせかされて、逆さから撮ったのでサイドがメインのようになっちゃった・・・)

                    Jさんのメイン

                    私は牛の脂肪が苦手なので、Angus BeefのTRI TIPというやつをオーダー。$18.95也。
                    ローファットな部位ですが、柔らかくてパサパサしすぎず、ちょうどよい感じの焼き加減でした。
                    ちなみに、肉がうっすらピンク色になっているのは、ヒッコリーの木を使ってスモークしているからだそうです。

                    私のメイン

                    テーブルには3種類のソースが置いてあるので、好きなものを使っていただきます。

                    オリジナルソース

                    隣のテーブルでは、でっかいリブやら、肉の塊?を頼んでいましたが、正直お肉ってちょっと食べるともうお腹いっぱいになりますよねえ。
                    もちろんお持ち帰りはできますが、我々は持ち帰っても、翌日は「もう肉は見たくない」という状況になるので、結局ムダになります・・・。
                    そのせいか、CAにしては珍しく、このお店にはアジア人はほとんど見かけません。
                    お店の雰囲気も手伝って、テキサスにいた頃を思い出しました。

                    さて、お腹いっぱいになりつつも、デザートをすすめられると弱い私。
                    イチオシというチョコレートケーキをいただきました。

                    デザートはコレ!

                    これがね、純粋なアメリカの店では、もしや一番美味しいチョコレートケーキかも?という気がしましたよ。
                    一見ガトーショコラ風ですが、チョコレートをそのまま使っているので、中は生チョコな感じ。
                    案外美味しいのでビックリしましたが、これも量が多いので食べきれず残念!

                    翌日は当然のように2人揃って朝食が食べられない状況で、やはり年齢的に、肉はほどほどにしたよさそうだということを再確認したのでした・・・。

                    【一日一善!毎日クリックしてね〜】


                    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

                    ホットドッグとロサンゼルスカウンティ美術館

                    2007.01.23 Tuesday

                    0
                      週末、Jさんが急にホットドッグが食べたくなったというので、HollywoodのPINK'Sに行ってきました。

                      PINKS

                      ここはLAで一番有名なホットドッグのお店。
                      いつも長〜い行列が出来ているので敬遠していたけれど、ついに食す日がやってきました(笑)
                      この日は土曜日のお昼ということで大行列かと思いきや、普段よりは若干少なめ?

                      行列

                      皆待っている間、カウンターからピンク色の紙にコピーされたメニューを取ってきて、どれにしようかな〜?と考えます。
                      待つこと20分、やっと我々の目の前にホットドッグを作る人が現れました。

                      その場で作る

                      お預け状態で見つめながら、オーダーの順番を待ちます。
                      ここはチリドッグが一番有名なので、やっぱりそれは食べないといけないですね。

                      これが一番有名なホットドッグ

                      お味はというと、う〜ん、こんなものかな?
                      もちろんマズくはないけれど、すっごく美味しい!というわけでもない(笑)
                      Jさんの実家のあるシカゴには美味しいホットドッグ屋さんがたくさんあるのですが、そちらのほうがずっと美味しいかも?

                      ここにはたくさんの芸能関係者のサインが飾られていましたが、なんだか妙に懐かしさを感じる人がいるなあと思ったら、美川憲一氏でした(笑)
                      下にあるのは、イエローキャブのタレントさんたちでしたが、きっと無理矢理サインして飾ってもらったんでしょうねえ。

                      美川さんがいた・・・

                      その後、Mid Wilshireに移動し、たまにはアートしようとロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)に行きました。
                      Getty Centerも大きいと思ったけれど、LACMAは美術館としてだけなら西海岸で最大規模とのこと。

                      LACMA

                      ちょうどMagritte and Contemporary Artという特別展をやっていたので、ベルギー好きな私としてはグッドタイミング!(マグリットはベルギーの画家です)

                      Modern and Contemporary Art Building

                      マグリットは気軽に観れるのですが、コンテンポラリーアートはちょっと苦手分野。
                      しかし、今回はマグリットに影響されたアーティストの作品を集めており、そこここに彼へのオマージュがあって分かりやすかったかな?

                      マグリットの後は、セントラルコートでコーヒーを飲む。
                      ここのコーヒーはアメリカンじゃなくて美味しい(笑)

                      LACMA内

                      せっかくだから常設展にも行こう!

                      Ahmanson Building

                      このビルには常設展があり、古代エジプトやヨーロッパのルネッサンス時代の美術品などが展示されています。

                      私は母親譲りでガラスが大好きなので、たくさんのガラスの展示にウキウキ。
                      なお、ここは写真も写生もOKなのですが、撮影の際は一応係員に確認してみて下さい。

                      大好きなガラスたち

                      また、LAには多くの日本人が住んでいることを象徴するように、Pavilion for Japanese Art(日本館)というビルもあります。

                      Pavilion for Japanese Art

                      しかし、これがまた相当渋い構成なんですよ!
                      縄文土器や仏像、掛け軸などが中心で、せっかく日本のアートを紹介するのだから、もうちょっとガイジン受けする内容でもいいんじゃないかと思うくらい地味・・・。
                      きっとこれでも集めるのが大変なんだと思うんですけど、かなりの玄人じゃないと理解できないよ〜という感じなので、せめて鮮やかな色彩の日本画を置くとか、初心者の目を引くものがないとね。

                      日本の掛け軸が中心

                      館内にいた人も他の展示会場に比べて少なかったし、入ってもすぐに出ていっちゃう人たちもいてちょっと寂しい。

                      ただし、入口付近にある根付のコレクションはすごい。
                      私のテキサスのホストマザーも根付収集をしていたし、アメリカには根付コレクターが結構いるから、これをもっとアピールするとかね。

                      建物自体、館内全体に障子を使うなどとても丁寧なつくりなので、入場者数アップのためにも、ぜひ皆さんにも観に行っていただきたいと思った場所でした。

                      時間があればもっとゆっくり観ることができるのですが、今回はサラっとツアーをした感じ。
                      また時間を作って、ふらっと行きたい美術館です。

                      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
                      ↑2007年も毎日クリックしてね〜


                      ↑こっちもね!

                      バーガー食べ比べ

                      2007.01.12 Friday

                      0
                        突然ですが、ベッカムがLAに移籍したらしいですね。
                        私はサッカーはよく分からないのですが、なぜか日本でのワールドカップも観に行ったし、今度はベッカムの顔でも拝んでこようかな(笑)
                        アメリカではあんまり知名度はないから、きっと近くで観戦できるに違いない!

                        さて、アメリカの食べ物と言えば、真っ先に浮かぶのがハンバーガーですよね。
                        このブログでも、いつもハンバーガーを紹介している気がしますが(笑)、我々は外出した際にランチで迷ったら、よく分からないお店に入るよりは、美味しいハンバーガー屋を選択します!

                        Jさんと私の一番のお気に入りは、先日紹介したIn-N-Out Burgerと、(画像がなくて残念ですが)Ruby'sというダイナーのバーガーです。

                        Ruby'sは80年代にOCに出来たダイナーで、今では結構色々なモールに入っています。
                        バーガーはデカすぎず、脂っこくないし、シェークも甘すぎないので美味くいただけます。
                        南カリフォルニアにいらした際にはぜひご賞味あれ!

                        その他、うちの近所にあるバーガーと言えば、Fuddruckersと、Johnny Rocketsです。

                        Fuddruckersは1980年のテキサスが発祥の地で、全米にあるチェーン店です。
                        80年代にヒューストンにいた私としては、テキサスのバーガーというだけで懐かしい感じがします。

                        Fuddruckers

                        店内は60年代のグッズが飾られていて、ビートルズやプレスリーの写真もあります(バーガーとは関係ないけど)。

                        店内はこんな感じ

                        ここのウリは1パウンド(約450グラム)のパティと、自分で好きなだけトッピングができること。
                        当然そんなに大きな肉は食べられない!という人も多いので、通常サイズも選べます。

                        パティが見えてませんが(笑)

                        それでもボリュームがあるので、サイドのポテトはあんまり食べないほうがいいかも(笑)

                        Johnny Rocketsも似たようなチェーン店ですが、こちらはLAが発祥の地。

                        Johnny Rockets

                        50年代風というのかな?店内にジュークボックスがあって、各テーブルにはリクエストする小型のマシーンが置いてあります。
                        ウェートレスがメニューとともに置いていった小銭を入れて、勝手にリクエストする仕組みです。
                        お小遣いと間違って、小銭を持ち帰らないようにね(笑)

                        テーブルからリクエスト

                        バーガーの画像がなくて恐縮ですが、ジューシーで有名。
                        それに、ここのシェークも美味しいですよ。

                        シェークがうまい!

                        とにかくハンバーガーを扱うお店はたくさんあるし、人それぞれ好みがあると思うので、それぞれ試していただきたいですね。
                        今度、日本からのベッカム観戦&バーガー試食ツアーなんて企画しようかしら?
                        毎日食べたら気持ち悪くなるね、きっと(笑)

                        にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
                        ↑2007年も毎日クリックしてね〜


                        ↑こっちもね!