スポンサーサイト

2014.12.23 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013年2月SF旅行振り返り その参

    2013.07.22 Monday

    0
      3日目は朝からHayes Valleyへ。



      このエリアには個性的なショップやレストランがたくさんありますが、たまたま日曜日だったため、オープン時間が昼過ぎの店が多数。
      欧米の場合、日曜日は礼拝に行く従業員のことを考慮して、オープンが遅いということをすっかり忘れていました!
      そんな中でも空いていたベーカリーのmietteにて、チョコレートなど漁り、周囲をひとまわりして次の場所へ移動。



      サンフランに来たらBlue Bottle Coffeeを飲まなくてはということで、Ferry Buildingへ。
      ついでに、あれこれつまみ食いしてランチも済ませようという計画です。



      毎度相変わらずの行列です。
      でも、美味しいんです、ここのコーヒー。



      牡蠣好きなので、生牡蠣も外せません。



      Pepples Donutでオーガニックドーナツも購入。
      う〜ん、どうなの?美味しいの?オーガニックでさらにビーガンすぎて微妙・・・。
      やっぱりドーナツって、カラダに悪いほうが美味しいのよね、きっと。



      その後、母が行ったことがないというので、観光の定番コース、Lombard Streetをグルグルと降りる。
      私が運転していたため、Jさんが助手席から撮影(だから全然写ってない、笑)。



      ディナーは以前から行きたかった、Anchor Oyster Barへ。
      日曜日は16時オープンなので、のんびり16:45頃に到着したらすでに行列が・・・。
      ボードに名前を書いて待つのですが、すでにかなりの人の名前が書かれていました。
      おまけに席数がかなり少ないお店なので、結局寒空の下、1時間も外で待つことに。



      やっと入れた〜!
      お腹がペコペコになってよかったんですけど、日が落ちて外がかなり寒くなり参りました。



      とにかく狭い店内で、20人入れるのかなというくらい。トイレは厨房の奥だしね。



      どんだけ生牡蠣が好きなんだ?というくらい牡蠣が大好きな我々。
      しかし、この牡蠣は近年食べた牡蠣のうち、一番美味しかった!!



      店内が暗いんで、よく写ってないんですが、サラダがめちゃくちゃウマイ!
      シーザーのアンチョビ具合も最高でした。
      あ、さらにクラムチャウダーも絶品。



      こちらは濃厚なクラブケーキ。
      う〜ん、美味しいとしかいいようがない。



      海鮮三昧のガーリック&レモンソテー。
      とーってもフレッシュです!



      いや〜、あんまり美味しくて、1時間並んだことを忘れるくらいでした。
      これはもう絶対にまた行かねば!
      サンフランに行かれる皆様、ぜひともこちらには立ち寄ってみてください。

      翌朝、もうOCに戻らねばなりません。
      Oaklandにある、本店ともいうべきBlue Bottleに立ち寄ります。



      ここにはカッピングの部屋があったり、Pastryを作るキッチンがあったりします。



      朝食代わりなので、甘いものも一緒に。



      あとはずーっとクルマで下るだけ。
      景色はあまり面白くないのですが、時間が短縮できるI-5をひた走ります。
      ランチは、The Harris Ranch Restaurantに立ち寄ることにしました。



      Harris Ranchは肉牛を飼育しているところなので、やっぱりバーガーとかステーキがメインのレストランです。
      私はお肉を食べないので、また牡蠣(笑)。



      ギフトショップでは、お肉も売ってます。



      駆け足でご紹介しましたが、サンフランシスコ、やっぱり楽しいね。
      結局また「食を堪能する旅」になった感がありますが、それが旅の目的のひとつですからね。
      次回からはまたアトランタ編に戻りまーす。

      【一日一善!毎日クリックしてね〜】
       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

      スポンサーサイト

      2014.12.23 Tuesday

      0
        コメント
        コメントする