スポンサーサイト

2014.12.23 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    アトランタの庭 Atlanta History Center

    2013.07.07 Sunday

    0
      アトランタに滞在してもう1ヶ月半以上が経過しましたが、Jさんやお友達とあちこち行ったり、ひとりでプラプラしたり、毎日アトランタを堪能しています。
      フリーウェイや下の道もわりと覚えやすいので、すでにアトランタを簡単にガイドできるくらいになったかも???(笑)

      出歩くのが大好きな私。あちこち行っているため、お店やスポットをひとつひとつ紹介したら何ヶ月かかるか・・・。
      ここではザックリとしかご紹介できないのが残念ですが、FBでは写真をザザーッと並べていますので、私のアカウントとつながっている方はそちらもあわせてご覧下さいませ。

      さて、私が滞在しているアパートメントからクルマで10分くらいのところに、Atlanta History Centerというステキな場所があります。
      アトランタの歴史を学べる博物館と広いお庭が特徴なのですが、実はこの近辺はBuckheadという高級住宅地で、周囲に豪邸が立ち並んでおり、それを外から見てため息をつくというのも楽しみのひとつです(これはまた後日アップしまーす)。

      最初に訪問したのは、5/26日曜日。
      新緑が美しい、のどかな昼下がりでした。



      Atlanta History Centerは、いつも買い物に行くBuckheadのWhole Foodsから数百メートルというところにあり、こんなところに博物館?という住宅地の中にあります。

      博物館では、南北戦争前後のアトランタの様子を、展示物や写真を通して知ることができます。



      アトランタは鉄道の拠点として大きく発展した街で、南北戦争では戦場と化し、多大な被害を受けましたが、その後また現在のような大きな街として再生しました。

      南北戦争は日本人にはあまり馴染みがありませんが、アメリカ唯一の内戦ということで、Jさんをはじめ、アメリカ人にとっては重要な史実です。
      こうやって、実際に兵士が使っていた衣類や銃、個人の所持品を見ていると、62万人もの戦死者を出したという数字以上の説得力を感じました。



      博物館の裏手からは、広大なお庭に出ることができます。



      緑と木漏れ日がとーっても気持ちがいい!



      最高のお散歩コースです。



      庭を通り抜け、Swan Houseへ。
      1928年に建てられた、綿花で財を成したInman家の邸宅だったものを、現在はAtlanta History Centerが保存しています。

      博物館入館時に予約をすれば、邸宅内のツアーに参加できるので、我々も参加。
      内部は写真撮影不可ですが、担当者が丁寧に説明してくれ、一族のことから使用人のことまで、なかなか興味深い話が多いですよ。
      インテリアなどは、ほとんど当時のままの状態で残っているので、タイムスリップした気分になれます。
      (下の写真に丸テーブルが写っているのは、この日の夜のイベントの設営をしていたからです・・・)



      ちなみに、こちらはInman家に仕えていた使用人の家で、現在はレストラン&ギフトショップになっており、平日のランチは白人のオバチャンたちで賑わってます。



      敷地内にはもうひとつ、Smith Family Farmがあります。
      Smith Family Farm
      Smith Family Farm
      1840年代に建てられた、当時の典型的な南部農村地帯の農家です。



      「大草原の小さな家」の世界みたいでしょ?



      お庭もキレイに造られています。



      のんびり半日くらい居ても全然飽きない場所で、何度でも訪れたくなります。
      春から初夏にかけては緑がキレイで、秋には紅葉が楽しめるオススメスポットです!

      【一日一善!毎日クリックしてね〜】
       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

      スポンサーサイト

      2014.12.23 Tuesday

      0
        コメント
        コメントする